2008年11月9日

お粗末なWebプロモーション事例(NHKスペシャルの場合)

11/10(月)放送予定のNHKスペシャルで、「デジタルネイティブ ~次代を変える若者たち~」というのをオンエアするそうです。

番組自体にも興味がありますが、ジタルネイティブ度チェック(ページ内にボタンあり)というものがあったのでやってみました。


結果は上の画像にある通り、75%。
この数字が何をさすのかは良くわかりませんが、とりあえず「へぇ〜」って思っておきました。


それより、NHKさん。

NHKスペシャル全体を紹介するサイトから辿っていく当該番組案内「デジタルネイティブ ~次代を変える若者たち~」から、「この番組独自のプロモーションページ」へ直接リンクが貼ってないってどういうことなんでしょう?

せっかくインターネット上でプロモーションを行っているのに、お客様の導線をきちっと考えていないから、ネットの特性であるWeb(蜘蛛の巣)の様にお互いがリンクで繋がっておらず、単独のプロモーションサイトが複数存在するだけになってしまっている(番組プロモーションページからNHKスペシャル本体へのリンクはあるけど、そこからは戻って来れないというパターン)。

これって、お客様を無視した部署ごとの縦割りのマーケティングがまかり通ってる証拠なんですけど。


ま、人のことあまり言えないという自戒を込め、「人のふり見て、我がふり直せ」を肝に命じて明日からまた仕事しようと思います。

0 件のコメント: