2008年11月9日

Web2.0の梅田望夫さんが変なこと言ってる件

ことの起こりは、著書『ウェブ進化論』で日本中に呪文のごとく「Web2.0」という言葉を流行らせた梅田望夫氏が、自身のブログである本の紹介をしたところ、そこに批判的なコメントが並んだことが発端。
実際のエントリは「水村美苗「日本語が亡びるとき」は、すべての日本人がいま読むべき本だと思う。」というものです。

そのエントリでコメントが荒れていることにカチンときた梅田氏がTwitterでつぶやいたものを引用すると、

はてな取締役であるという立場を離れて言う。はてぶのコメントには、バカなものが本当に多すぎる。本を紹介しているだけのエントリーに対して、どうして対象となっている本を読まずに、批判コメントや自分の意見を書く気が起きるのだろう。そこがまったく理解不明だ。

そうとうカチンときて、思わず書いてしまったのだと思いますが、この発言が話題になり、いろいろなところでいろいろなことを言われています。

見てわかる通り、このつぶやきは2つの要素から成り立っています。
ひとつは「はてな取締役であるという立場を離れて言う。はてぶのコメントには、バカなものが本当に多すぎる。」という部分、そしてもうひとつが「本を紹介しているだけのエントリーに対して、どうして対象となっている本を読まずに、批判コメントや自分の意見を書く気が起きるのだろう。」という部分です。

後者は至極真っ当な意見であり、これだけ書いておけば誰も何も問題にしなかっただろうし、本も読まずに批判コメントを書いていた人たちも、もしかしたら反省したかもしれません。

ただ、前者がいただけません。
取締役である梅田氏が取締役という立場を離れてそのサービスと利用者(お客様)に対して「バカなもの」というような発言をしている点。

梅田氏は、企業の経営を取りまとめているはずの人間であり、そういう仕組みのサービスを世に出してきた張本人が発言してしまったことが大きな意味を持ってしまいました。

本人からしてみれば「途中から取締役になった」ということを言いたいかもしれませんが、それはお客様にはまったく関係のないことで、取締役を受けた以上、言ってもいけないし思ってもいけないことです(言ってもいないし思ってもいないかもしれませんが)。
そして、取締役である以上、こういったことを考えながら日々サービスや経営のことを考えていかなければいけないのではないでしょうか。

特にCGMやソーシャルメディア系のサービスを提供する上で、最初に仕組み自体をゆるく設定してしまうと、そこでどのようなやり取りが行われ、どのようなコミュニティに育っていくのかについて、サービス提供側がコントロールできる部分は相対的に少なくなります。
自分たちの提供するサービスが自分たちの目指す形、お客様の理想のコミュニティに近づけるように、最初から(途中からでも)ある程度のルールを設定し、ルールにあわない発言や利用者を排除できるようにしておくのもサービス提供者の責任でもあります。

その責任を放棄してお客様を見下したような発言をしてしまうような取締役は、取締役を離れた発言をする前に取締役自体を離れてから発言すべきかもしれません。

0 件のコメント: