2008年10月30日

Google Mapの経路検索が今度こそ公開

iPhoneに標準装備されていたGoogle Mapアプリで、以前手違いなのかティザーなのか、一瞬だけ(ピンポイントで10/2だけ)できていた2点間の経路検索が、どうやら通常の機能として使えるようになったようです。

ということで、試しにやってみました。
1枚目の画像は家(東京都調布市在住)から千代田区にある国会議事堂までの経路を検索した結果が表示されたところです。

緑色のピンがhomeで、赤色のピンが目的地である国会議事堂です。その間を紫色のラインが結んでいますが、これがGoogle Mapの選んだオススメ経路ということでしょうか。



画像の右上にある「開始」をタップすると、Mapがググッと詳細表示になり、通りの名前を表示してくれたり、右折・左折の指示、次の経由地までの距離を出してくれます。
2枚目の画像が、その詳細案内図ですが、右上にある矢印をタップすることで、順番に経路をたどっていくことができます。



ということで、非常に便利、且つおもしろいので、いろんなところまでの経路を探索してしまうのですが、難点(要望点)もいくつかあげられます。

1、経路が1種類しか提示されない点(裏道とかも使いたい...)
2、高速道路が優先されてしまう点(徒歩や自転車での移動時とか...)
3、一方通行が考慮されてしまう点(      〃       )
4、道路のみの経路が提示される点(電車や地下鉄でも移動したい...)
5、詳細経路情報の際の地図の縮尺が1種類しかない(全体の流れを見たい...)
6、渋滞情報(VICS等)に対応していない(都心で車だったら必須かも...)

どうしても、車での移動を最優先に考えられているという印象が強いです(その割にはVICS未対応ですが)。

日本で、且つビジネスで活用するとなると、電車や徒歩での利用も想定したアップデートが望まれるところですね。

0 件のコメント: