2008年10月28日

Google Earth(iPhoneアプリ)

名称:Google Earth
カテゴリ:旅行
値段:無料
個人的評価:★★★★☆

満を持してGoogleからGoogle EarthがiPhone/iPod touch向けのアプリとして登場しました。当然無料です。

PC向けのGoogle Earthよりも解像度が低い点と、ストリートビュー、建築物の3D化などの一部機能が実装されていないようですが、GPSや加速度センサーの活用等のオリジナル機能も含めて、基本的な性能としては合格点が与えられるんじゃないかと思います。

ただ、重いですね。あと頻繁に落ちます。
iPhoneのメモリだとこれが限界なのかもしれませんが、このあたりは今後のアップデートに期待したいところです。

ということで、画像を含めて簡単に利用の流れを確認してみましょう。


これが起動時の画面です。四隅にマークがありますが、このうち左下のマークを押すと、GPS機能によって現在地を判断し、その場所にズームしていきます。


これがズームしている最中の画像です。


そして東京都港区付近を表示しました。

もちろん、画面上でのピンチイン・アウトによる地図の拡大/縮小や、フリックやドラッグによる地図の移動などもできます。そこはGoogle Mapと同じですね。

ちなみに、四隅のボタンはそれぞれ下記のような機能を持っています。
左上:検索
右上:北を上にして表示
左下:現在地を表示
右下:各種設定

では、左上のボタンを押して、「東京ミッドタウン」を検索してみます。


ミッドタウンが表示されました。
ちょっと地図自体が古いものを使っているらしく、まだ建設中です。この辺はPC版と同様ですね。
 
検索に連動したアルファベッドのポイントと「W」のマークが表示されていますが、この「W」マークはWikipediaと連動しているようです。その「W」マークをタップすると下のような画面に切り替わります。
 
 
Wikipediaの「東京ミッドタウン」に関する項目が表示されています。
 
 
同様に、アルファベットをタップすると検索キーワードに連動した形で、食べログの関連項目が表示されるようです。

次に、iPhone/iPod touchならではの加速度センサーを利用した機能の紹介です。
PC版でも、真上からではなく目線を変えて3Dで地形を眺めることができるようになっていますが、iPhone/iPod touchでは本体を傾けることによってそれを実現しています。
 
 
この画像は、富士山を斜め上から見た形で表示されています。
Google Earthで富士山を表示させて本体を傾けるだけで、いろいろな角度で富士山を眺めることができます。

もちろん、こういった斜め上からの画像(オートチルト)や境界線、地名、Wikipediaのマーク(ジオグラフィック ウェブ)等は画面右下のボタンをタップして出てくる設定画面で表示の切り替えが可能です。
 
 
これは、境界線、地名、Wikipediaマーク(ジオグラフィック ウェブ)をONにしている状態です。

 
 
これは、同じ画像ですが、境界線、地名をON、Wikipediaマーク(ジオグラフィック ウェブ)をOFFにしている状態です。
自分の使い方によって切り替えると便利だと思います。


現状ではとても重いのと、頻繁に落ちたりするので(ぼくだけの現象かもしれませんが)、今後の改善に期待を込めつつ、星は4つとさせていただきます。

0 件のコメント: