2008年10月11日

「マーケティングの目的」と「仕事の進め方」

世の中にマーケティングの本はそれこそ掃いて捨てるほどあって、その中にはいろんなことが書いてありますけど、「マーケティングの本来の目的ってなんなの?」って聞かれたら、それは「利益の最大化」なんです、たぶん。

「利益の最大化」を目指し、そのために行う活動を総じて「マーケティング活動」と呼ぶんだと思ってます。


「売上の最大化」ではなく「利益の最大化」なのがミソで、売上を大きくするために大きな金額を投入したとしても、ROI(投資利益率、費用対効果)が低い、あるいはマイナスで逆鞘になってしまっては意味がない。売上は増えたけどやらない方が儲けは出てたね、では本末転倒だし。

いかに最小のコストで最大の利益をあげるかというのがマーケターの腕の見せ所なんだろうなと。


「当たり前のことじゃん」って気もするのですが、最近この辺のことがわかってない人が多いなーと感じてます。

簡単に言ってしまえば、マーケティング活動とは、大いなる目的(利益の最大化)のために方針(戦略)を固め、その方針の中で局地戦(戦術)を戦っていくということになるのですが、その局地戦(戦術)の中の更に細かい手段とか作業みたいなもののために仕事をしている人が多いです。


例を挙げると「新規顧客獲得のためのキャンペーンを実施し、その認知拡大のために広告を打つ」ことになったときに、広告の担当者は「広告を打つ」ことを目的としてしまいがちになります。「よーし、すげぇ広告を作ってやるぞ!」と思うわけです。

本来の目的は新規顧客を獲得して売上を増加し利益の最大化を目指すことなのですから、この担当者はすげぇ広告を作るよりも利益の最大化につながる広告を作ろうとしなければいけないのです。

広告を打つことは、目的を達成させるための一手段に過ぎなかったのですが、いつのまにか目的と手段が入れ替わっちゃうんですね。


マーケティングに限らず、仕事の進め方というのは、本来の目的達成のための膨大なタスクを、複数の人たちで分担しながら推進し、成し遂げていくものだと思います。

この時、目の前にある仕事に一生懸命になるのはもちろん良いことなのですが、その作業をこなすことだけを目的とせず、本来の目的は更にその先にあるんだということを理解しながら仕事をしないといけないんだろうなと思ってるわけです。


これがわかってる人と、わかってない人とでは、もちろん仕事のできも違いますし、同じくらいのスキルの人でも、その後の伸び方が全然違ってきます。まぁ近視眼的に目の前の仕事を言われた通りにやろうとしてる人と、現在の仕事の先を見つめながら、壮大な目的にベクトルをあわせながら仕事を進めている人では違って当たり前でもありますが。


背筋を伸ばして先を見越しながら、全体の中の部分である目の前の仕事を完璧に推進していけるようになりたいものです。


自戒を込めて。

0 件のコメント: